超音波を使った施術

車内

超音波なら短期間で効果が出る

かつては、目の下のたるみ治療というのは、整形手術を必要としていました。目の下を切開手術をし、そこから内脂肪を取り除くことでたるみを解消します。しかしながら、この方法は費用もかかり、リスクもあります。また、プチ整形の普及によって整形手術はやりたくないという人も増えています。そのような人のために新たに登場したのは、超音波を用いた目の下のたるみ治療です。この方法では、高密度焦点式超音波を用いることで、皮膚の深層部分にある表在性筋膜層を収縮させ、たるみを取る治療を施します。マシンの改良がなされたことで、皮膚の深層部にも働きかけることができるようになり、アンチエイジング効果がかなり高くなりました。また、カートリッジ式タイプなので、たるみの状態に合わせてカートリッジを取り替えることで、効果的に目の下のたるみに働きかけることができるのが特徴です。1回の施術は30分程度で完了し、ダウンタイムも一切ありません。また、治療の効果は2週間ほど掛けて徐々に皮膚の表面に現れてきます。数ヶ月掛けてたるみが改善され、ハリのある若々しい肌を取り戻すことができるようになるのです。手術の必要がないことから、ダウンタイムがなく、周囲に気付かれることなくエイジングケアをすることができると評判です。目の下というのは皮膚が薄い部分ということもあり、今までは施術の選択肢が限られていましたが、高密度焦点式超音波の登場により施術が行いやすくなりました。

Copyright© 2019 高速バスの3列シートは、価格に見合った室の高いサービスを提供できる All Rights Reserved.